ダニ対策 人気

殺虫剤や薬品は使用したくない家庭におすすめ!

ダニとは、その言葉を聞いたことがあっても、実際に目にしたことのある人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

 

大きめとされているイエダニでも体長は0.7mmくらいのものなので、目を凝らしてみないと分かりません。

 

 

ヒョウヒダニやコナダニは更に肉眼での確認が難しいとされています。

 

 

そのため、寝具や絨毯などの掃除は、定期的に丁寧に行わなければなりません。

 

 

そうでないと、ダニは条件が整えば爆発的に繁殖してしまい、気づいたときには痒みなどの症状に悩まされる事態になってしまうからです。

 

 

人によってはひどいアレルギーの症状が出る人もいるでしょう。

 

 

では、ダニを駆除する方法、繁殖を抑える方法とは、どう言ったものがあるでしょうか。

 

 

簡単に言うと、湿度を60%以下に抑え、食品クズや人の垢などが付着していない清潔な状態を保つことが大切です。

 

 

例えば、ダニは乾燥を嫌うので、除湿器やエアコンの有効利用はかなり効果的でしょう。

 

 

押し入れやクローゼットには乾燥剤がおすすめです。寝具なら天日干しや丸洗いができますし、どうしても動かせない絨毯や畳も、吸引力の強い掃除機を使えば大丈夫です。

 

 

とは言え、目に見えないものが本当に駆除されているのか、または繁殖を抑えられているのか、普段の掃除だけではなかなか実感できないかもしれません。

 

 

心配のあまり神経質になりすぎては、ただでさえ大変な掃除がとてつもない重労働に感じられるはずです。

 

 

そんなときこそ、ダニ捕りの専門、ダニ捕りロボをご利用ください。気になるところに置くだけで、徹底的な掃除を施したときのように、快適な空間を得ることができます。

 

1年継続でキットと一緒に匹数検査無料券が届きます。

その秘密は強力な誘引力にあります。マット内部に設置したダニが好む誘引剤は、中に吸湿性セラミックを含んでいるので、ダニの口や気門、体表などに付着するのです。

 

 

すると、ダニは脱水症状に陥り、カラカラに乾燥してミイラ化していきます。この方法なら、ダニの死骸や糞も内部に閉じ込められるため、ダニアレルゲンが空気中に拡散することも完全に防げます。

 

 

生きたダニを集めて安全にマットの中で捕獲する方法は、今までの常識を覆すほど画期的なものであり、世界的にも例がありません。

 

 

事実、ダニ捕りロボは日本とアメリカの両方で特許を取得いたしました。

 

 

勿論、化学性殺虫剤、殺虫成分は一切使用しておりません。誘引剤は食品粉末やビール酵母と言った安全性の高いものだけで調合されているので、お子様やペットのいるお宅でも安心してご使用いただけます。

 

 

厚さは0.8cmから1.2cmなので、どんな隙間にも適応します。

 

 

3ヶ月ごとに誘引剤の交換が必要ですが、使い終わった後の誘引剤は普通にゴミ箱に捨てられます。

 

 

開発者がダニアレルギーに苦しむ孫のために研究に研究を重ねたダニ捕りロボなら、老若男女問わず、ご家族の健やかな生活をきっとお守りいたします。

 

>>【ダニ捕りロボ・ダニ捕りマット】公式オンラインショップはこちら<<